お問い合わせ

 2015年6月に大阪で、スヌーズレン実践の質的向上を図ることを主な目的に、ISNA日本スヌーズレン総合研究所を設立しました。
 本研究所の機関誌購読会員およびサポート研究員を広く募集しております。
 お申込みは、以下までお願いいたします。
E-mail:
FAX:079-222-3133
 
 「機関誌購読会員&サポート研究員申込み用紙および会費振込み口座」
 
 サポート研究員になられると、研修会参加費の割引特典などがあります。希望される方は、事務局(藤澤) までご連絡をお願いします。
 スヌーズレンやスヌーズレン教育に関する講演会等の講師依頼は、下記の本部メールアドレスまでお願いします。

[本 部]
〒420-0911
静岡県静岡市葵区瀬名1-22-1
常葉大学教育学部
姉崎 弘研究室内
ISNA日本スヌーズレン総合研究所
E-mail:


[事務局]
藤澤 憲(和歌山県立和歌山さくら支援学校教諭)
E-mail:

入会案内 / 書籍論文・講演

入会案内

機関誌購読会員(入会)を希望される皆様は、
(1)個人会員 2,500円
(2)賛助会員30,000円
を、以下の口座にお振込み下さい。

郵便局で、お振込み用紙の通信欄に「2017年度 個人会員会費(または賛助会員会費)」とご記入下さい。(当面は、年に1回機関誌を発行する度に、会費の振込みをお願いいたします。)

 ゆうちょ銀行 振込取扱票の口座記号・番号・口座名称(加入者名)
 口座記号 00930-3
 口座番号 332706
 口座名称 ISNA日本スヌーズレン総合研究所
     (イスナ) 

 その際、下記の「機関誌講読会員申込書」をダウンロードして、必要事項を記入し、
メールまたはファックスでお申込み下さい。後日、会費の入金を確認後、入会承認書を送付させていただきます。

〇入会申込書(機関誌講読会員申込書)ダウンロード
 ワード形式

〇E-mail:
 FAX:079-222-3133

  なお、機関誌講読会員には、研修会や学会等の開催案内、機関誌「スヌーズレン教育・福祉研究」が毎回送付されます。
 さらにサポート研究員になられると、上記の他に特典として、研修会参加費および書籍の割引販売、研修会等の発表の補助等を行っています。

出版書籍・論文紹介

出版書籍の紹介(出版予定を含む)

  1. 姉崎 弘(監修・編著)『特別支援教育 (第4版)ーインクルーシブな共生社会をめざして』
    (大学教育出版 2017年10月出版)
    ※本書の第2章の「18 スヌーズレン教育」の項で、スヌーズレン教育の定義と
     教育課程上の位置付け、意義及び留意点についてまとめています。
  2. 姉崎 弘著「コラム9 スヌーズレン教育の意義」(単著) 上田征三他編『基礎から学ぶ特別支援教育の授業づくりと生活の指導』所収. ミネルヴァ書房195-196(2017)
  3. 姉崎 弘著「第4章 スヌーズレンと障害の重い子どもの教育ー肢体不自由特別支援学校におけるスヌーズレンの授業を中心にー」(単著) 橋田憲司編『療育読本第9集 障害の重い子どもの指導』所収. 静岡県肢体不自由児協会63-77(2017)
  4. 姉崎 弘著『特別支援学校における重度・重複障害児の教育(第3版)』
    (大学教育出版 2016年10月出版)
    ※本書の中で、スヌーズレン、スヌーズレンの授業、スヌーズレン教育に触れています。
  5. クリスタ・マーテンス(著)/姉崎 弘監(監訳)
    『スヌーズレンの基礎理論と実際』(学術研究出版/ブックウェイ)
    (2015年8月29日出版)
    ※絶版のため、ネットによる書籍販売及び電子書籍販売として復刻します
  6. ヤン・フルセッヘ/アド・フェアフール(著)/姉崎 弘(監訳)
    『重度知的障がい者のここちよい時間と空間を創るスヌーズレンの世界』(福村出版)(2015年7月25日出版)

    ※待望の創始者による世界最初のスヌーズレンの原著 "Snoezelen another world" の日本語版です
  7. クリスタ・マーテンス(著) 姉崎 弘(監訳)大学教育出版(2013)
    『スヌーズレンの基礎理論と実際―心を癒す多重感覚環境の世界―(第2版)』※絶版になりました。
  8. 姉崎 弘(編著) 国際スヌーズレン協会日本支部 (2012年9月24日発行)
    『スヌーズレンの基本的な理解―マーテンス博士の講演「世界のスヌーズレン」―』
    ※アマゾンのネット販売
  9. 姉崎 弘著 「スヌーズレンによるレジャー・セラピー・教育」『特別支援教育― 一人一人のニーズに応じた教育の実現をめざして―(第3版)』(単著)所収 大学教育出版64-65(2011)
  10. 姉崎 弘著 「特別支援教室の1つにリラックスやリフレッシュを目的にしたスヌーズレンルームを配置する」『特別支援教育とインクルーシブ教育―これからのわが国の教育のあり方を問う―』(単著)所収 ナカニシヤ出版120-121(2011)
  11. 姉崎 弘著 「気持ちをリフレッシュさせる「スヌーズレンの部屋」の活用―子どもの心を癒す「特別支援教室」の一例―」『保・幼・小・中・高校における発達障害のある子を支援する教育』(単著)所収 ナカニシヤ出版105-109(2009)
  12. クリスタ・マーテンス(著) 姉崎 弘(監訳)大学教育出版(2009)
    『スヌーズレンの基礎理論と実際ー心を癒す多重感覚環境の世界ー』
  13. 姉崎 弘著 「重度の障害をもつ人との関わりースヌーズレン」『発達障害医学の進歩 No.19―重症心身障害児の療育』所収 診断と治療社70-73(2007)

論文の紹介 (姉崎 弘担当分)

  1. 姉崎 弘・藤澤 憲著「スヌーズレンが成立するための基本要件について」(共著) スヌーズレン教育・福祉研究, 1, 19-28. (2017)
  2. 藤澤 憲・姉崎 弘著「重度・重複障がい児のスヌーズレン授業実践における数量的分析の試みー手作りのスヌーズレン環境における三項関係に視点を当ててー」(共著) スヌーズレン教育・福祉研究, 1, 42-55. (2017)
  3. 藤澤 憲・池田枝里子・姉崎 弘著「自閉的傾向のある情緒不安定な知的障がい児へのスヌーズレンの教育実践ー手作りスヌーズレン環境における三項関係を中心とした心の安定を目指してー」(共著) スヌーズレン教育・福祉研究, 1, 56-66.(2017)
  4. 東 法子・姉崎 弘著「集団への適応を目指した社会不安障害のある児童へのスヌーズレンの授業ー小学校の通級指導教室での実践を通してー」(共著) スヌーズレン教育・福祉研究, 1, 67-77.(2017)
  5. 藤澤 憲・姉崎 弘著「特別支援学校における簡易式スヌーズレン空間の創造」(共著) スヌーズレン教育・福祉研究, 1, 78-84.(2017)
  6. 姉崎 弘著「創始者たちのスヌーズレン思想に関する一考察ー最初の著書"Snoezelen , another world"を分析対象にー」(単著)スヌーズレン研究,3, 1-11.(2016)
  7. 藤澤 憲・姉崎 弘著「重度・重複障害児へのスヌーズレンの授業の工夫ー子どもの活動の主体性を育む手作りスヌーズレン環境を目指してー」(共著) スヌーズレン研究,3,12-22.(2016)
  8. 姉崎 弘著「肢体不自由特別支援学校における重度・重複障害児のスヌーズレンの授業に関する全国調査」(単著) 日本特殊教育学会第53回大会発表論文集 ポスター発表 P5-14 (2015)
  9. 姉崎 弘他著「わが国におけるレジャー、教育・療育、セラピーとしてのスヌーズレン の実践及び研究の推進(その2)-スヌーズレンの理念と基準および特別支援学校・障 害者支援施設での実践の分析-」(共著) 日本特殊教育学会第53回大会・自主シンポジウム37 (2015)
  10. 姉崎 弘著 「韓国におけるスヌーズレンの取組みに関する聞き取り調査―わが国の今後の課題を見据えて―」(単著) 大和大学研究紀要 1 : 23-28(2015)
  11. 姉崎 弘著「わが国におけるレジャー、教育・療育、セラピーとしてのスヌーズレンの 実践及び研究の推進―障害者支援施設・特別支援学校・療育センター・小規模事業所・家庭での実践報告を中心にー」(単著) 日本特殊教育学会第51回シンポジウム報告 自主シンポジウム34 特殊教育学研究51,5,510-511(2014)
  12. 姉崎 弘著 「スヌーズレンの基礎知識5 スヌーズレン教育の授業実践例」(単著) 肢体不自由教育 No.214:50-51(2014)
  13. 姉崎 弘著 「わが国におけるスヌーズレン教育の導入の意義と展開」(単著) 特殊教育学研究 51(4): 369-379(2013)
  14. 姉崎 弘著 「スヌーズレンの基礎知識4 スヌーズレン教育の効果と教育課程上の指導形態」(単著) 肢体不自由教育 No.213:52-53(2013)
  15. 姉崎 弘著 「スヌーズレンの基礎知識3 スヌーズレン教育の位置付けとその意義」」(単著) 肢体不自由教育 No.212: 56-57(2013)
  16. 姉崎 弘著 「スヌーズレンの基礎知識2 スヌーズレンの定義と概念」(単著) 肢体不自由教育 No.211: 52-53(2013)
  17. 姉崎 弘著 「スヌーズレンの基礎知識1 スヌーズレンの歴史と語源」(単著) 肢体不自由教育 No.210: 50-51(2013)
  18. 姉崎 弘著 第50回大会シンポジウム報告 自主シンポジウム84「わが国における「スヌーズレン教育」の導入と推進ー肢体不自由特別支援学校の重度・重複障害児の教育を中心にー」特殊教育学研究50,5,618-619(2013)
  19. 姉崎 弘著 「スヌーズレンの誕生と歴史」(単著)スヌーズレン研究1: 5-12(2013)
  20. 姉崎 弘著 「学校におけるスヌーズレンの教育方法の開発に向けてー現場教師との共同研究の推進ー」(単著)スヌーズレン研究1: 30-34(2013)
  21. 大仲麻喜・大﨑淳子・姉崎 弘著 「自閉症児のコミュニケーション力を高めるスヌーズレンの授業」(共著)スヌーズレン研究1: 35-42(2013)
  22. 姉崎 弘著 「スヌーズレンの基本概念と専門資格の必要性について」(単著)三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要33:57-60 (2013)
  23. 姉崎 弘著 「重度・重複障害児の自立活動における「スヌーズレン教育」の意義について」(単著)三重大学教育学部研究紀要(教育科学) 63:297-314 (2012)
  24. 姉崎 弘著 「Behavioral analysis of infants with severe motor and intellectual disabilities in Snoezelen applying mother-infant care and treatment - Using VTR for the analysis -」(単著) Mie University Bulletin of the Faculty of Education (Educational Science) 62:169-176 (2011) 
  25. 姉崎 弘著 「セラピーとしてのスヌーズレンに関する考察ードイツ・オランダにおける調査を中心にー」(単著)三重大学教育学部附属教育実践総合センター紀要31:37-42(2011)
  26. 姉崎 弘著 「Relaxation Effects of Snoezelen for Infants with Severe Motor and Intellectual Disabilities-Used SpO2 Values and Heart Rates as Indicators-」(単著)Mie University Bulletin of the Faculty of Education (Educational Science) 61:119-126 (2010) 
  27. 姉崎 弘著 「Relaxation Effects of Snoezelen Environments on an Infant with Severe Motor and Intellectual Disabilities -Using heart rates as an indicator-」(単著)Mie University Bulletin of the Faculty of Education (Educational Science) 60:163-170 (2009) 
  28. 姉崎 弘著 「カナダにおける障害児者へのスヌーズレンの医療・福祉実践ーSnoezelen Poolの今日的意義ー」(単著)三重大学教育実践総合センター紀要28:59-64(2008)
  29. 姉崎 弘著 「英国のSpecial SchoolにおけるSnoezelenの教育実践に関する調査研究ーSnoezelenの概念をめぐってー」(単著)三重大学教育学部研究紀要(教育科学)58:99-105(2007)
  30. 姉崎 弘著 「重症心身障害児と母親に対するスヌーズレンの有効性についてー母親へのアンケート調査からー」(単著)日本重症心身障害学会誌31(1) : 107-113(2006)
  31. 姉崎 弘著 「最重度重症児に対するスヌーズレン療育の可能性について」 (単著) 日本重症心身障害学会誌31(1): 115-119(2006)
  32. 姉崎 弘著 「重症心身障害児に対するスヌーズレンのリラクゼーション効果についてー動脈血酸素飽和度と心拍数を指標としてー」(単著) 日本重症心身障害学会誌31(3) : 269-273(2006) 
  33. 姉崎 弘著 「英国における障害児者へのスヌーズレンの福祉実践(Ⅱ)ーMulti-Sensory Roomの今日的意義ー」(単著) 三重大学教育実践総合センター紀要25:53-58(2005)
  34. 姉崎 弘著 「Snoezelen:Its Effects on the Education for Infants with Severe Motor and Intellectual Disabilities-An Investigation based on Questionnaires given to Mothers-」(単著) Mie University Bulletin of the Faculty of Education(Educational Science)55:91-98(2004)
  35. 姉崎 弘著 「英国における障害児者へのスヌーズレンの福祉実践ーWORCESTER SNOEZELEN CENTERの取り組みー」(単著) 三重大学教育実践総合センター紀要24 :121-126(2004)
  36. 姉崎 弘著 「重症心身障害児教育におけるスヌーズレンの有効性についてー肢体不自由養護学校の自立活動の指導に適用してー」(単著) 日本重症心身障害学会誌28(1) : 93-98(2003)

国内・海外講演(姉崎 弘担当分)

  1. 「スヌーズレンの根本思想と今日までの発展過程ー創始者たちとマーテンス博士の功績を中心にー」ISNA日本スヌーズレン総合研究所・学術研究出版/ブックウェィ共催による第4回スヌーズレン研修会講師・基調講演2017.2.26
  2. 「VTRを用いたスヌーズレン実践場面の評価と解説」ISNA日本スヌーズレン総合研究所・学術研究出版/ブックウェィ共催による第4回スヌーズレン研修会講師2017.2.26
  3. 「オーストラリアの特別支援学校と韓国のリハビリセンターでの取組みの紹介」ISNA日本スヌーズレン総合研究所・学術研究出版/ブックウェィ共催による第4回スヌーズレン研修会講師2017.2.26
  4. 「今日までのスヌーズレン(MSE)の成果と今後の課題」山口県三笠産業株式会社・第4回スヌーズレン技術指導講演会講師2016.11.7
  5. 「マーテンス博士の学説とスヌーズレンの広がり」山口県三笠産業株式会社・第5回スヌーズレン技術指導講演会講師2017.2.14
  6. 「スヌーズレンの基礎と実践」九州地区国立病院機構療育指導室第10回療育技法研修会講師 2016.11.19
    スヌーズレンの歴史・理論の講義およびスヌーズレンの実際場面の演習と指導・助言を行う。
  7. 「世界と日本におけるスヌーズレンの実践」山口県三笠産業株式会社・第3回スヌーズレン技術指導講演会講師 2016.6.20
  8. 「創始者たちのスヌーズレンの思想と実践」山口県三笠産業株式会社・第2回スヌーズレン技術指導講演会講師 2016.3.11
  9. 「スヌーズレンの根本思想と今日までの発展過程ー創始者たちとマーテンス博士の功績を中心にー」ISNA日本スヌーズレン総合研究所・学術研究出版/ブックウェイ共催による第2回スヌーズレン研修会講師・基調講演 2016.2.20
  10. 「イギリスの特別支援学校におけるスヌーズレンの授業」「韓国におけるスヌーズレンセラピーの実践と研究」ISNA日本スヌーズレン総合研究所・学術研究出版/ブックウェイ共催による第2回スヌーズレン研修会講師・海外視察報告 2016.2.20
  11. 「スヌーズレンの基本的理解と重度・重複障がい児への支援」滋賀県立小児保健医療センター・視覚障害児早期療育研修会講師 2016.2.4
  12. 「スヌーズレンの誕生と語源、歴史」山口県三笠産業株式会社・第1回スヌーズレン技術指導講演会講師 2015.12.10
  13. 「スヌーズレンの基本と授業づくり」福岡市立今津特別支援学校校内研修会講師 2015.10.9
  14. 「スヌーズレンの理念と基準を今日的視点から再検討する」日本特殊教育学会第53回大会自主シンポジウム37 基調講演 2015.9.20
  15. 「スヌーズレンの基本的理解と授業の工夫」徳島県立ひのみね支援学校校内研修会講師 2015.9.3
  16. 「スヌーズレンの歴史・実践・研究とその今日的意義ー創始者の著書"Snoezelen, another world"を中心にー」学術研究出版主催による第1回スヌーズレン研修会講師 2015.8.29
  17. 「スヌーズレンの基礎と授業への活用」大阪府立茨木支援学校校内研修会講師 2015.7.30
  18. 「重度・重複障がい児の感覚面の指導―スヌーズレンの授業づくり」大和大学特別支援教育フォーラム分科会講師 2015.7.25
  19. 「スヌーズレンの基本的理解と重度・重複児への授業づくり」石川県立いしかわ特別支援学校校内研修会講師 2015.7.7
  20. 「スヌーズレン教育とその実際」沖縄県立鏡が丘特別支援学校・自立活動授業研究会講師 2015.5.7
  21. 「施設内のリラックスできる空間づくり」社会福祉法人 以和貴会ゆらくの里研修会講師 2014.12.26
  22. 「スヌーズレンの基礎理論と教育・福祉・医療分野での活用」第1回スヌーズレン基礎セミナー(関東地区)講演会講師 2013.11.16
  23. 「スヌーズレンの理論と実践の入門講義ー国際資格セミナーに向けてー」第1回スヌーズレン基礎セミナー(中部地区)講演会講師 2013.10.6
  24. 「肢体不自由特別支援学校におけるスヌーズレンの授業に関する全国調査結果」日本特殊教育学会第51回大会スヌーズレンシンポジム話題提供 2013.8.3
  25. 「適応指導教室や教育相談に通う子どもたちを支援するためのスヌーズレンの効果的な活用方法について」和歌山市立子ども支援センタースヌーズレン研修会講師 2013.8.23
  26. 「多重感覚環境の中でのスヌーズレン実践」聖マッテヤ心豊苑職員研修会講師 2013.5.1及び5.9
  27. 「スヌーズレン教育の意義と実際」三重県立緑ヶ丘特別支援学校研修会講師 2012.11.29
  28. 「わが国における「スヌーズレン教育」の導入と推進」第50回日本特殊教育学会自主シンポジウム基調講演 2012.9.29
  29. 「スヌーズレンの歴史や概念、実際について」聖マッテヤ心豊苑スヌーズレン研修会講師 2012.7.9
  30. 「スヌーズレン教育の意義と実際、その可能性について」 北海道札幌市立北翔養護学校校内研修会講師 2012.5.24
  31. 「スヌーズレンの基礎理論と実際」 静岡県立袋井特別支援学校自主研修会講師 2011.9.17
  32. 「スヌーズレンの基礎理解」「イギリスの特別支援学校におけるスヌーズレン教育」 全日本スヌーズレン研究会第4回講演会講師 2011.8.27
  33. 「デンマークの世界最新のスヌーズレンルーム・施設の紹介」「スヌーズレンの基礎理論と実際の進め方②―多動傾向のある知的障害児に対するスヌーズレン教育の実際―」 全日本スヌーズレン研究会第3回講演会講師 2010.9.18
  34. 「スヌーズレンの基礎理論と実際の進め方」 日本スヌーズレン研究会第2回講演会講師 2009.12.13
  35. 「Behavioral analysis of infants with severe motor and intellectual disabilities in Snoezelen applying mother-infant care and treatment」 The 7th International Snoezelen Symposium Theoretical WorkshopB2 (Denmark) 2009.11.19
  36. 「欧米におけるスヌーズレンの取組み―カナダ・ドイツを中心に―」 日本スヌーズレン研究会第1回講演会講師 2009.6.27
  37. 「Relaxation Effects of Snoezelen for infants with severe motor and intellectual disabilities - Used SpO2 Values and Heart Rates as Indicators-」 The 6th International Snoezelen Symposium Theoretical workshopA1(Germany)2008.10.4
  38. 「Relaxation Effects of Snoezelen Environments on an infant with severe motor and intellectual disabilities - Using Heart Rates as an Indicator-」 The 5th International Snoezelen Symposium Theoretical Workshop20(Canada) 2007.9.21
  39. 「快適空間―スヌーズレンの紹介―」 三重大学大学院教育学研究科障害児教育専修公開講座講師 2005.6.11
  40. 「イギリスにおけるスヌーズレンの取り組みとその有効性について」 三重県名張育成園とも「スヌーズレン」勉強会講師 2005.4.16
  41. 「重度・重複障害児の感覚あそびとスヌーズレン」 大阪府堺市立百舌鳥特別支援学校校内研修会講師 2004.8.27
  42. 「知的障害児教育における自立活動の指導とスヌーズレン」 三重大学教育学部附属特別支援学校校内研修会講師 2004.8.31
  43. 「個別の教育支援計画とスヌーズレンの取組み」 三重県立城山特別支援学校全体研修会講師 2004.1.22
  44. 「Snoezelen : Its Effects on the Education for infants with severe motor and intellectual disabilities - An Investigation based on Questionnaires given to Mothers -」The 2nd International Snoezelen Symposium Theoretical Workshop (Netherlands) 2003.10.10
  45. 「重度・重複障害児の教育とスヌーズレン」三重県立城山特別支援学校全体研修会講師 2003.9
講演会の風景
2007年ドイツ開催のスヌーズレンシンポジウム
療育センターでのスヌーズレンの療育場面
国際スヌーズレンシンポジウムの様子

その他、新聞報道等

  1. 山口テレビtysのニュース番組で、姉崎 弘所長によるスヌーズレンの講演と
    蛍光・蓄光製品に関するインタビューが放映されました。
    山口テレビ 2017.3.1 テレビ放映
  2. スヌーズレン用品開発. 山口の三笠産業が展示館
    山口新聞2017.1.21 インタビュー記事NEW!!
  3. 三重タイムズの新聞に、8月5日のマーテンス博士の講演の記事が掲載されました。
    セラピー効果高い 「世界のスヌーズレン」 三重タイムズ2012.8.31. 8月5日のマーテンス博士の講演会取材記事
  4. 「スヌーズレン」導入広がる 光・音楽・香りなどで感覚刺激 特別支援学校を調査 日本教育新聞2012.7.9 インタビュー記事
  5. 音・光 障害児リラックス 五感刺激「スヌーズレン」に効果 朝日新聞(三重版)2006.11.30 インタビュー記事
  6. 重症児を和ます「スヌーズレン」 音と光の空間 心理的効果 中日新聞(三重版)2006.11.25 インタビュー記事
  7. 光と音 障害児楽しむースヌーズレンー 朝日新聞(三重版)2004.4.3 インタビュー記事
Page Top